/

この記事は会員限定です

「学びの危機」が変化迫る 2020年、教育担当記者が回顧

[有料会員限定]

2020年の教育界は新型コロナウイルス禍の中で揺れ続けた。戦後の教育史上例のない一斉休校、大学教育のオンライン化。危機対応の中で新しい教育の可能性も見えた1年を担当記者が振り返った。

デスク 大学の授業が一気にリモート化した。

A 3~4月は準備で大わらわだった。大規模大学では数千科目に上る授業をオンライン化しなくてはならなかったが、多くの教員は経験がないし、ウェブカメラなどの機材もない。大学に学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3130文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン