/

この記事は会員限定です

コロナが変える中銀のデータ泳法

編集委員 吉田ありさ

[有料会員限定]

コロナは中央銀行にも変身を迫る。

1月7日、欧州中央銀行(ECB)は定例の経済報告と併せ、エコノミスト4人の名前で、あるメモを公表した。表題は「コロナ下の短期経済動向の評価」。昨年の経済の激動は「標準予測モデルでは把握できなかった」と総括し、未曽有の局面で分析手法をどうアップデートしたか説明している。

変更点は4つ。うち2つは購買担当者景気指数(PMI)など従来の指標での反応の時差・ズレを調整する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン