/

この記事は会員限定です

衛星からデータを迅速・大量に送信

東大などが世界最高速、宇宙ビジネスの切り札に

[有料会員限定]

人工衛星が取得した大量のデータを宇宙から迅速に地上に届ける通信技術の開発が進んでいる。東京大学などは天候に左右されにくい周波数の電波を使い世界最高速で送信する実験に成功。宇宙航空研究開発機構(JAXA)などは衛星間で光を使って通信する開発を進める。拡大する宇宙ビジネスの切り札になると期待される。

東大と慶応大、JAXAは小型衛星からX帯と呼ばれる電波を使って高速でデータを地上に送る通信システムを開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1570文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン