/

この記事は会員限定です

RCEPの圧倒的勝者は中国 ウィリアム・ブラットン氏

元HSBCアジア太平洋株式調査責任者

[有料会員限定]

東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の調印は、貿易の拡大と地域の経済成長の促進につながるとして熱烈に歓迎された。だが、こうした反応は、長期的な自由貿易が勝者と敗者を生み出すという現実を見逃している。

RCEPの場合、他の参加国を犠牲にして主に利益を享受するのは中国だ。アジア経済の中核としての地位が確立され、それが中国にあらゆる長期的な利益をもたらす。他のアジア諸国は自らの未来を食べ尽くすドラゴン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1541文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン