/

この記事は会員限定です

人文社会科学の学会、世界での競争不可避に

恩蔵直人・早稲田大学常任理事

[有料会員限定]

恩蔵直人早稲田大学常任理事(日本商業学会長)は大学のグローバル対応が進む中で、人文社会科学分野でも研究者の海外学会志向が強まっており、今後、国内学会の存在意義が問われることになると指摘する。

研究と教育は大学の柱である。優れた研究は教育の質を高め、質の高い教育は研究の水準を引き上げる。大学における研究と教育はまさに両輪と言える。この研究の発展を支える基盤の一つに学会がある。一般の人々にはあまり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2149文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン