/

この記事は会員限定です

国のコメ政策に反論、農協マンが語る田んぼの未来像

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

コメの減反の廃止から今年で4年目。需要の減少が加速しており、2年続けて米価が下がると予想されている。農家の収入が減るのを心配する農政と農協の対応は、改革前とまったく同じ。主食米を減産し、値崩れを防ぐことだ。

本当にそれが打つべき手なのか。そんな疑問を抱く人は農協グループの中にもいる。秋田ふるさと農業協同組合(秋田県横手市、JA秋田ふるさと)の小田嶋契前組合長と、大潟村農業協同組合(秋田県大潟村、J...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1814文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン