/

この記事は会員限定です

50年カーボンゼロは異次元の挑戦 シナリオ分析は示す

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

菅義偉首相のカーボンニュートラル宣言を契機に日本は2050年までの二酸化炭素(CO2)排出ゼロを目指して舵(かじ)を切った。「50年80%削減」としてきたこれまでの政策目標を深掘りする。ただ「ゼロ排出は80%削減の延長線上にはない」と、気候変動対策のシナリオに詳しい研究者は指摘する。革新的な技術イノベーションや大胆な社会変革が不可欠だ。

地球の平均気温の上昇を産業革命前に比べて1・5度以下にとどめ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1696文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン