/

この記事は会員限定です

地の利を生かした温泉パプリカ ハウスの暖房コストゼロ

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

温泉地として知られる大分県九重町の高原地帯に、陽光に照らされて光る面積3ヘクタール強のハウス農園がある。タカヒコアグロビジネス(九重町)が運営する「愛彩ファーム九重」だ。

ハウスで栽培しているのは、パプリカやトマト、レタスなどの野菜。室内に林立する主力のパプリカの木は5メートル超の仰ぎ見る高さに成長し、真っ赤な実を実らせる。室内の温度や湿度は、コンピューターを使ってきめ細かくコントロールしている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1528文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン