/

この記事は会員限定です

お金を払って作業を手伝う、市民が支える農のカタチ

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

その農場は一見すると、よくある市民農園のようだった。だが運営の仕方や目指す事業の方向は、市民農園とは少し違う。消費者の農業への新たなかかわり方を模索する取り組みを紹介したい。

神奈川県座間市にある小田急小田原線の相武台前駅を出て、住宅街の中を歩くこと十数分。「なないろ畑」と書かれた看板の先に広がる畑に、十数人の市民が集まっていた。

この日の作業は、ニンジン畑の雑草取り。農薬を使わずに育てているの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1822文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン