/

この記事は会員限定です

ESG「ブーム」で終えない ガバナンス改革に生かせ

編集委員 渋谷高弘

[有料会員限定]

世界規模でESG(環境・社会・企業統治)投資がブームだ。脱炭素やダイバーシティー(多様性)といった問題に対応しているとアピールすれば、欧米などの投資マネーをひき付けられる。

ESGを商機と考える発想は大切だ。堰(せき)を切ったように脱炭素への取り組みを公表する企業が増えている。大量の二酸化炭素(CO2)を出すジェット燃料を置き換える、燃やしてもCO2を出さないアンモニアの取引を増やすといったニュー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン