/

この記事は会員限定です

銅や銀の高騰、脱炭素を先取り 再生エネで投資集中

[有料会員限定]

銅やアルミ、銀などの市場に投資資金が流入し、国際相場を押し上げている。新型コロナウイルスの感染拡大をいち早く収束させた中国の需要が堅調なことが背景にある。さらに商品市場では、再生可能エネルギーや電気自動車(EV)の普及でこうした金属の需要が増え、長期の相場を持ち上げる「グリーンサイクル」を先取りする動きととらえる声も出てきた。

銅相場の国際指標のロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物は今月、一時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1092文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン