/

この記事は会員限定です

「補正後予備費5兆円」の皮肉 見せ金が一転切り札に

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

菅義偉内閣は年末年始を挟んで、新型コロナウイルス感染症対策予備費を1兆円超、急きょ追加投入した。財務省は2020年度第3次補正予算案の編成で、年度末を控えて同予備費を5兆円も積み残していた。総合経済対策の財政支出を大きく演出する狙いで、できる限り「見せ金」として温存するつもりだった。それが緊急事態の再宣言で一転、コロナ対策の切り札として頼られる皮肉な展開だが、国会はカヤの外だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン