/

この記事は会員限定です

サステナブルファイナンス最前線(3) 情報開示の共通基準は

環境金融研究機構代表理事 藤井良広

[有料会員限定]

サステナブルファイナンスを進めるには、企業が環境・社会・ガバナンス(ESG)などの非財務情報を開示する必要があります。それがないと金融機関が評価できないからです。

企業側も、社会的責任(CSR)や環境への取り組みといった非財務情報の開示に努めてきました。準拠する開示手法は、グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)、米サステナビリティ会計基準審議会(SASB)などのものが知られています。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン