/

この記事は会員限定です

難航する最低賃金引き上げ 雇用減、地域事情にどう配慮

Global Economics Trends 編集委員 太田康夫

[有料会員限定]

欧米で最低賃金の引き上げが難航している。米国ではバイデン政権が最低賃金の1時間当たり15ドルへの段階引き上げ案を新型コロナウイルス対策の経済対策法案に盛り込むことに失敗した。欧州連合(EU)では欧州委員会の最低賃金確保の指令案にスウェーデンなどが反対している。賃金コストの上昇による雇用の減少や企業競争力の低下を招く恐れがあることに加え、欧州ではEUによる最低賃金の枠組み設定が、加盟国の賃金政策へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5408文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン