/

この記事は会員限定です

「日本企業」という企業はない 視界不良下の経営

楠木建・一橋大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○優良企業はコロナ前から戦略の根幹不変
○「日本的経営」はマクロ要因へのすり替え
○日本企業を主語にして戦略や経営語るな

パンデミック(疫病の世界的流行)のような大きな外的ショックに直面すると企業の地力が鮮明になる。コロナ禍で多くのファストファッション企業の業績が悪化する中で、ファーストリテイリングのユニクロ事業はグローバル競争での地位を相対的に高めた。一方、家電や家庭用品の業界では巣ごもり需要の追い風が吹いたが、ア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン