/

この記事は会員限定です

日本版デジタル通貨の方向性 宮沢和正氏

ソラミツ社長

[有料会員限定]

カンボジア国立銀行(中央銀行)は10月、中国に先駆けて中央銀行デジタル通貨(CBDC)の正式運用開始を宣言した。当社はブロックチェーン技術を活用し、この歴史的な偉業を後押しした。その経験から日本版デジタル通貨の目指すべき方向性を提言したい。

全国民の本人確認や口座管理を日銀が直接担うのは現実的ではない。私は民間発行と中銀のデジタル通貨が2層構造で存在し、互いに連携しながら役割分担をするシステムが必要だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン