/

この記事は会員限定です

音楽教室訴訟、徴収容認でも消えぬJASRACへの反感

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

音楽教室での演奏に、作曲家の著作権は及ぶかどうかが争われていた訴訟の判決が18日、知財高裁で出た。裁判所は音楽教室側の主張を一部認めたものの、大筋では一審同様、日本音楽著作権協会(JASRAC)の主張を支持した。ただ、世間には学びの場にまで著作権料を求めるJASRACへの反感がくすぶっていることも事実。背景には、音楽著作権管理事業が長年抱えてきた構造問題がある。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1686文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン