/

この記事は会員限定です

ESG投資で合従連衡を 年金など「オーナー」迫る

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

英金融HSBCが気候変動対応について、運用会社など15社から株主提案を受けた。2021年にESG(環境・社会・ガバナンス)投資が一段と活発になることを予感させる動きだ。背景にあるのは「アセットオーナー」と呼ばれる年金基金や財団、政府系ファンドなど資金の出し手の姿勢だ。

一般に機関投資家と呼ばれる投資の主体は「アセットマネジャー」と「アセットオーナー」の2種類に分かれる。前者は実際に株式や債券を売買...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン