/

この記事は会員限定です

マーケットデザインを考える(5) 周波数帯入札が抱える難題

一橋大学准教授 竹内幹

[有料会員限定]

オークション理論の応用例として真っ先に挙がるのが周波数帯オークションでしょう。米国連邦通信委員会(FCC)は、通信や放送に使用する周波数帯の利用権を、オークションで事業者に配分しています。1994年に始まった制度で、これまでに96回のオークション(spectrum auction)が完了し、総収益は2362億ドル(約26兆円)に上ります。

競売対象の周波数帯は地域ごとに細分化され、事業者はその規模...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り658文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン