/

この記事は会員限定です

CO2回収・貯留の技術開発を 堺孝司氏

日本サステイナビリティ研究所代表

[有料会員限定]

二酸化炭素(CO2)排出量の削減が喫緊の課題となっている。欧州連合(EU)はコロナ禍で傷んだ経済の立て直しをグリーンリカバリー(環境に配慮した経済の回復)で進めることを明確にし、そのためのシステム構築を急いでいる。日本でも菅義偉首相が2050年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする目標を宣言し、国民を驚かせた。おそらく鉄鋼・セメント・建設などの業界はあわてているだろう。なぜなら、既存のシステムの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン