/

この記事は会員限定です

「金利付き現金」の実現を ネットワーク通貨の展望

岩村充・早稲田大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○CBDCが民間への対抗策なら本末転倒
○現金への金利付与は金融政策を拡張する
○決済手段と価値尺度の2つの機能を分離

中央銀行デジタル通貨(CBDC)と称する構想がある。中銀版のネットワーク通貨をつくりだそうという試みだ。2019年の米フェイスブックによるリブラ構想には否定的だった彼らが、なぜ自らの計画は推進したいのだろうか。

断っておくと、筆者もかつてのリブラ計画には批判的だった。貨幣発行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン