/

この記事は会員限定です

学校デジタル化の課題 端末活用法の研究、学校ぐるみで

倉沢昭 放送大学客員准教授

[有料会員限定]

全国の小中学校の児童生徒に「1人1台」の情報端末を配備する事業が急ピッチで進められている。元小学校長で学校デジタル化の実情に詳しい倉沢昭・放送大学客員准教授は、実際に端末を活用していく上で現場の課題は多いと指摘する。

「すべての子どもにとって読み、書き、算数、情報通信技術(ICT)の十分な能力を達成する」。1999年の主要国首脳会議(ケルン・サミット)で採択されたケルン憲章の一文である。

これを受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン