/

この記事は会員限定です

春秋(1月15日)

[有料会員限定]

古代の政治に理想をみた「論語」ではないが、最近の中国を見ているとつい「昔はまだよかった」と言いたくなる。2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が襲ったとき、中国中央テレビ局の女性キャスターが過酷な現場を取材した。当時はその自由があった。

▼自分も感染する恐怖におびえながら、医療現場の絶望を目撃した体験を彼女が本にまとめ、ベストセラーになったのが13年。言論への締めつけは強まり始めていたが、ネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り364文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン