/

この記事は会員限定です

バイデン政権で米国はよみがえるか 呉軍華氏

日本総合研究所上席理事

[有料会員限定]

2020年米大統領選の結果に安堵の声が多い。トランプ大統領に辟易(へきえき)した分だけ、バイデン次期大統領への期待が膨らむ。この期待に応えようと、バイデン氏は早々と「米国が帰ってきた」と内外に宣言した。

果たして、バイデン政権の発足で以前の米国はよみがえるのか。米国の内外環境を勘案する限り、不可能と断定しないまでも、可能性は極めて低いと言わざるを得ない。

そもそもトランプ氏が大統領となったことは、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン