/

この記事は会員限定です

金融機関、SDGs達成の課題 木村真樹氏

合同会社めぐる代表

[有料会員限定]

2030年までに地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓う国連のSDGs(持続可能な開発目標)達成に向けた取り組みを、対外的に表明する地域金融機関が相次いでいる。筆者らが立ち上げた「お金の地産地消白書2020」製作委員会が昨年実施した調査によると、全国472地域金融機関の約半数がSDGsに関する何らかの取り組みを行っている。

SDGsの17あるゴール(目標)の1つ「働きがいも経済成長も」を達成するた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン