/

この記事は会員限定です

「富岳」が示した酷暑五輪 空調管理・感染予防に応用

[有料会員限定]

今月8日に閉幕した東京五輪。新型コロナウイルスの感染対策と並んで酷暑が問題視され、複数の競技で開始時間をずらす措置がとられた。競技中にどの程度、身体に影響があったのかスーパーコンピューター「富岳」上で流体解析(CFD)の技術を用いて検証した。

猛暑の中、素晴らしい試合やプレーを見せてくれた選手がどれぐらいの極限状態にさらされるのか、シミュレーションした結果をエムエスシーソフトウェア(MSC、東京・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1508文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン