/

この記事は会員限定です

日米首脳会談、為替は無風

[有料会員限定]

米バイデン政権発足後、初の日米首脳会談が16日開かれる。主要テーマは中国への対応などで、政権発足後円安が進んだ為替の問題は無風とみられる。トランプ前政権時代の初首脳会談の前には米側から円安批判が出たが、市場の動きを尊重する現政権はドル高批判と距離を置き状況は一変した。ただ将来の円高局面でも米側がその放置を主張する可能性がある点には要注意だ。

バイデン政権、ドル高容認

米国で開く会談は、バイデン米大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン