/

この記事は会員限定です

モスの代替肉グリーンバーガー 制約が促した開発努力

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

動物性の食材を使わず、肉に近い味や食感を出す「代替肉」の開発が食品メーカーや外食チェーンで盛んになっている。背景には、畜産が環境に及ぼす影響への批判や、ヘルシーな食品への需要の高まりなど様々な理由がある。代替肉はどうやって開発しているのだろうか。

東京都品川区にあるモスフードサービスのテストキッチン。スタッフがトレーに載せたパティを取り出し、鉄板で焼くと香ばしい香りが漂った。次に焼いたのは緑色のバンズ。レタスやトマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1638文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン