/

この記事は会員限定です

「東京のお茶」を前面に ブランド戦略、逆転の発想で

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

農産物には「魚沼産コシヒカリ」や「神戸牛」などの有名なブランドがある。知名度の高さは売りやすさにつながる半面、多くの生産者の間で埋没してしまう可能性もある。そんな課題に気づき、独自のブランド化を模索する挑戦を紹介したい。

「新型コロナウイルスの影響でレストランや小売店などの売り先をいくつか失ったが、新たに5軒の販路も見つかった」。茶葉の栽培から、緑茶や紅茶など最終製品の製造までを手がける「東京の茶...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン