/

この記事は会員限定です

セブン&アイにみる「創業家ガバナンス」の功罪

編集委員 田中陽

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングス(HD)がアクティビスト(もの言う株主)から突きつけられた事業構造改革に揺れている。傘下で業績不振の百貨店、そごう・西武の売却要求だけでなく、祖業であるイトーヨーカ堂までも非中核部門に位置づけられ、食品事業に特化して不動産を売却することなども求められている。事実上のセブン&アイの解体だ。

セブン&アイの社名の由来は、7つの事業(コンビニエンスストア、総合スーパー、百...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン