/

この記事は会員限定です

バイオマス活用を忘れるな 宮田滋央氏

米国産業用木質ペレット協会(USIPA)在日代表

[有料会員限定]

世界の国々が21世紀半ばまでに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにすることを目指し、日本政府も20年10月に宣言した。だが、実際にどうやって温暖化ガスを減らしていくのかという具体策については、技術やコストの点を含め決まっていないことが多い。

私は、バイオマスの一種である木質ペレットを製造する米国の事業者団体の在日代表を務める立場だが、日本でバイオマスを大規模に利用しない手はないと思う。発電量で約3割を占...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り980文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン