/

この記事は会員限定です

パラレルキャリアの推進を 中井弘晃氏

明海大学専任講師(キャリア理論)

[有料会員限定]

新しい働き方として副業など、本業と並行して社外で働くケースが脚光を浴びている。同様の新しい働き方の一つに、米国の経営学者ピーター・ドラッカーが提唱した「パラレルキャリア」がある。NPOのような社会活動も含めるなど、収入の有無を問わない点で副業より広い概念と言える。

人生100年時代が叫ばれる今、1つの組織だけでキャリアを終えるケースは現実的ではなくなってきている。とくに最近はコロナ禍で企業の業績が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン