/

この記事は会員限定です

日銀ETF購入3分の1に縮小? 19日に政策修正

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

今や最大の日本株保有者になったとされる日銀が、上場投資信託(ETF)の購入方法の修正を決める日が近づいてきた。19日の金融政策決定会合で、「上限年12兆円、原則6兆円」となっている今の購入方針に変更を加え株価急落時に重点を置く買い入れに改める方向になっている。市場環境が良好なときは静観することで購入額を減らし、政策の持続性を上げるのが狙いだ。

最大の焦点はどのくらい減るかだ。ここ数年の実際の購入額は年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1571文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン