/

この記事は会員限定です

循環経済に向け技術開発を急げ 妹尾堅一郎氏

NPO法人産学連携推進機構理事長

[有料会員限定]

日本政府は2050年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにするという目標を公表した。だが、50年までに日本が取り組まなければならないことは温暖化ガスの排出削減だけではない。資源を有効利用して使い捨て社会から脱却するサーキュラーエコノミー(循環経済)政策を欧州各国が進めており、オランダなどもやはり50年を目標年と位置づけている。

なぜ循環経済が必要なのか。従来の経済が限界を示しているからだ。人口が爆発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン