/

この記事は会員限定です

投信成績10年で3倍に 「追い風参考」過信は禁物

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

東京株式相場は「株高異変」ともいえる状況だが、この流れに乗り、株式投資信託の運用成績が上向いている。2020年末までの10年間の国内株投信のリターンは、運用中の428本の単純平均で190.5%になった。10年前がリーマン・ショックの余波で株価水準が低かったとはいえ、元本が2.9倍にもなる好成績。特にプロが銘柄を選ぶアクティブ運用の平均は10年で3倍弱になった。

内外の株式型、債券型、バランス型の過...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン