/

この記事は会員限定です

民主主義再建、歴史に学べ 本村凌二・東大名誉教授 

権力集中と監視 古代ローマに知恵

[有料会員限定]

パンデミック(世界的大流行)が民主主義を脅かしている。世界各地で強権・独裁的な政権が勢いを増し、これをコロナ禍が加速する。何が起きているのか。どう対応するか。近著「独裁の世界史」で警鐘をならす歴史家、本村凌二・東大名誉教授に聞いた。

――地球規模の感染拡大で強権政治が力を強めています。なぜですか?

独裁権力は、情報を統制し、強制的に人の移動を管理できる。都市封鎖などで疫病の広がりを抑えやすい。これ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

就活

新型コロナウイルス感染拡大がやまない中でも就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン