/

この記事は会員限定です

千葉銀行の農業参入 「行員兼務」のリアルな戦略

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

千葉県市原市の郊外にある田んぼを5月初めに訪ねると、透き通った青空のもとで田植えが進んでいた。機械を操縦しているのは、千葉銀行の関係会社であるフレッシュファームちば(市原市)のスタッフたちだ。

千葉銀行は小湊鉄道など地元企業と共同で、2018年にフレッシュファームちばを設立した。他の地域と同様、千葉も農業の疲弊や農村の過疎化が進む。放置すれば里山を維持できず、均整のとれた県の発展が難しくなると考...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン