/

この記事は会員限定です

JX金属・村山社長「銅の需要、車・半導体で伸び」

[有料会員限定]

銅の国際相場は先週、一時1トン9000ドルに迫り、2011年秋以来の高値を付けた。世界経済を映す銅相場の上昇は何を意味するのか。JX金属の村山誠一社長に聞いた。

――昨年3月の安値に比べ、銅相場は2倍まで上昇しました。

「08年に起きたリーマン・ショック後の動きに似ている。中国経済の台頭で8000ドルを超えるようになった銅相場は金融危機によって半値以下に下がった。しかし、中国が大規模な景気てこ入れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン