/

この記事は会員限定です

ポストコロナの都市政策(7) コロナ禍が助長する住宅過剰社会

明治大学教授 野澤千絵

[有料会員限定]

コロナ禍は住宅市場にも影響を与えています。例えば、ニューヨーク市では、新型コロナウイルスのまん延で、郊外や他都市への人口流出が進んでいます。

失業で家賃が払えなくなった人に加えて、都市封鎖や在宅勤務の長期化を背景に、高い家賃・生活費・不健全さを我慢してまで住みたくないと、郊外や他都市への脱出が進みました。その結果、2020年6月ごろから同市中心部の新規売却件数・賃貸住宅の空室率が上昇し、逆に、郊外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り646文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン