/

この記事は会員限定です

ポストコロナの都市政策(2) 2地域居住の利点と課題

明治大学教授 野澤千絵

[有料会員限定]

リモートワークは「ゆとりと分散」につながる2地域居住の可能性を広げようとしています。コロナ禍以前から空き家を活用して2地域居住を始め、やがて移住する動きはありました。

いきなりの移住は「ハードルが高い」と感じても、自然豊かな場所に第二の生活拠点が欲しいという人は多いでしょう。

また、昨今の災害多発化・激甚化を背景に、リスク分散として退避可能な「バックアップハウス」というニーズも増えています。「バッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン