/

この記事は会員限定です

ESG推進、取締役の責務どこまで

Global Economics Trends 編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

Global Economics Trends

世界的な関心を集める経済学の最前線の動きやトピックを紹介します。

企業と株主との対話でESG(環境・社会・ガバナンス=統治)は避けて通れないテーマになった。Eの代表的な課題である「脱炭素」の取り組みやSに分類される「多様性」の促進は、取締役の善管注意義務・忠実義務の対象と考えられるようになった。こうした世界の潮流は日本の企業統治(コーポレートガバナンス)改革にも影響を与...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3304文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン