/

この記事は会員限定です

[社説]香港巡る中国の公約破りは看過できぬ

[有料会員限定]

香港の「一国二制度」が本当に終わってしまう。中国は国家安全維持法で香港の抗議活動を封じたうえ、今度は選挙で民意を示す道さえ狭めようとしている。民主派の当選を難しくする一方的な選挙制度の変更は、中国が公約した「高度の自治」の否定そのものだ。到底、看過できない。

中国は11日閉幕した全国人民代表大会(全人代)で香港の選挙制度見直しを決めた。香港トップの行政長官選や立法会(議会)選で共産党を支持する親中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン