/

この記事は会員限定です

通貨処理機のグローリー はじまりは国産初の硬貨計数機

時を刻む

[有料会員限定]

人手不足や新型コロナウイルスの対策としてスーパーや飲食店などで定着したのが「セルフレジ」。1台で現金、クレジットカード、電子マネーなど多様な決済手段に対応するが、最も大切な機能はお金を正確に数えること。その原点とも言える装置がある。1950年に国栄機械製作所(現グローリー)が開発した国内初の「硬貨計数機」だ。

同社は兵庫県姫路市の大手木綿問屋である尾上家の当主、7代目・尾上作兵衛氏が、頻繁に故障...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン