/

この記事は会員限定です

豚熱の発生から2年、生産者が地域密着で歩む再生の道

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染がいつ収束するのか先がみえない状態が続いているが、ウイルスに悩まされているのは人間だけではない。国内では家畜の世界で鳥インフルエンザが猛威をふるい、豚熱(CSF)も断続的に発生している。

家畜がウイルスに感染した農場はどうやって再起の道のりを歩んでいるのか。2018年に岐阜県から始まった豚熱の感染拡大局面で、全国8番目の感染例となったトヨタファーム(愛知県豊田市)に取材した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1507文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン