/

この記事は会員限定です

食の変化と現金回避鮮明 データでみるコロナ下の消費

小西葉子・経済産業研究所上席研究員

[有料会員限定]
ポイント
○大型台風に備えた買いだめ超える時期も
○飲み会支出は前年同月の4分の1の水準
○感染予防でキャッシュレス決済比率上昇

2020年、私たちの生活は大きく変化した。特に3月以降、新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う政府の休校、在宅勤務、外出自粛要請、4月の緊急事態宣言を経て5月には「新しい生活様式」の実践が励行され、私たちの購買行動にも大きな変化が起きた。

経済産業省は19年11月、インテージ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2646文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン