/

この記事は会員限定です

物体を透過する電磁波、シート型カメラで壊さず検査

[有料会員限定]

プラスチックや紙、布など金属以外の物体をよく透過する電磁波として知られるテラヘルツ波。その検出素子を並べて変形自在のシート状に加工した「テラヘルツカメラ」を東京工業大学と理化学研究所の研究チームが開発した。簡易な仕組みで非破壊検査などができるようになり、テラヘルツ波利用の可能性を大きく広げるとみられる。

シート状のテラヘルツ検出装置を試作したのは東京工業大学の河野行雄准教授、理化学研究所の鈴木大地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1477文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン