/

この記事は会員限定です

引き裂かれる半導体技術圏 台湾囲い込みで米中が攻防

編集委員 太田泰彦 

[有料会員限定]

「中国が主張する九段線の中に宝が囲い込まれている。力ずくて奪取される前に救い上げなくてはならない」――。ワシントンの元米外交官はこう熱弁をふるった。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

「宝」とは半導体受託生産(ファウンドリー)で世界最大の台湾積体電路製造(TSMC)のこと。アップル、クアルコム、エヌビディアをはじめ米国の半導体企業は、その製造の大半をTSMCに委ねる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2138文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン