/

この記事は会員限定です

ミャンマー情勢、ASEANの危機 ガヴィ・チョンキタウォーン氏

タイ・チュラロンコン大学安全保障国際問題研究所シニアフェロー

[有料会員限定]

東南アジア諸国連合(ASEAN)の国々は2月1日のミャンマー国軍によるクーデターを受け、以前の正常な状態に戻るよう、それぞれの声明や会談を通じて促した。単にミャンマーを孤立させるのではないという姿勢だが、失敗すれば、国際社会でのASEANの信頼と存在感が損なわれる。ASEANの原則は内政不干渉だが、民主主義や人権を尊重する立場から、加盟国への一定の影響力はある。

(ASEANの大国である)インドネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1519文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン