/

この記事は会員限定です

技能実習制度の段階的廃止を 田村拓氏

EDAS理事長

[有料会員限定]

外国人労働者の受け入れは、少子化が進む日本にとって非常に重要なテーマである。現場で働く非熟練労働者の受け入れには、技能実習と特定技能という2つの制度が用意されている。両制度は類似の産業分野をカバーしている。

技能実習は「技能、技術または知識の発展途上国などへの移転を図り、人づくりに協力すること」を目的に掲げる。しかし実習が建前にすぎず労働者の受け皿になっている現実はよく知られる。これに対し特定技...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン