/

この記事は会員限定です

渋沢栄一の心意気 伊藤忠商事会長CEO 岡藤正広 

 

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの世界的流行という人類共通の災禍に直面した2020年も終わり、新しい一年が始まった。

今日が仕事始めという人も多いかと思う。コロナは日本社会の様々な問題点をあぶり出したが、私たち経済人もこの禍を乗り越え、後に振り返った時に「あれが進歩のきっかけだった」と言えるようにしないといけない。身が引き締まる思いだ。

そこで見習いたいのが「日本資本主義の父」と言われる渋沢栄一さんの哲学だ。2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り462文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン